【2020年版】男の「手の甲・指毛」処理方法パーフェクトまとめ!

「女は男の指を見る」という話を聞いたことはありませんか?

生活総合情報サイト「All About」が行ったアンケートによると、女性が気にする男性のパーツ1位は「手(指含む)」だそうです。

最近では女性の社会進出により、職場で見られることを気にして定期的に自己処理したり、永久脱毛してしまう男性も増えています。

特に「手の甲」「指」の永久脱毛は、清潔感が求められる飲食業の方や、書類や名刺を渡す機会が多いビジネスマンに人気です。

この記事では、そんな男の「手の甲」と「指毛」の処理について

  • 自宅で簡単に処理できる方法
  • サロンやクリニックで永久脱毛してもらう方法

の2つに分けてご紹介します。

ツルリオ編集長

ツルリオ編集長

メンズ脱毛専門家

ヒゲをゴリラクリニック、肛門周りをメンズリゼ、ヒザ上下をRINXで脱毛して快適な日々を送っています。

自宅で処理できる方法を比較

  剃る 抜く ブラジリアン
ワックス
除毛クリーム 家庭用脱毛器
  ブラジリアンワックス 除毛クリームでスネ毛脱毛
おすすめ
痛み
処理頻度 1~2週間に1度 1~2ヶ月に1度 1~2ヶ月に一度 1~2週間に1度 1~2ヶ月に1度

手軽さは小型のフェイス用シェーバーが最強

結論から言うと指毛や手の甲の処理は「剃る」のが1番カンタンです。

ただし、男性の手はゴツゴツしているので、カミソリは肌を傷つけてしまう可能性があります。

オススメはパナソニックの眉用シェーバー「フェリエ」です。

刃が直接肌に当たらないよう設計されているので、細かい部分までお手軽スピーディーに剃ることができます。

もちろん、眉毛を整えるのにも便利です。

パナソニック(Panasonic)
¥2,644 (2020/09/23 09:24:17時点 Amazon調べ-詳細)

毛抜きで抜くとブツブツの原因になることも

手の甲や指毛を毛抜きで処理している方は、今すぐ止めてください!

毛穴が開いて雑菌が侵入し、肌荒れを起こしてしまう可能性があるからです。

毛穴に雑菌が侵入

特に男性の毛は女性と比べて太いので、抜いた後の毛穴が開きやすく、肌荒れを起こしやすいと言われています。

除毛クリーム・ブラジリアンワックスは細かい部位には不向き

除毛クリーム
ブラジリアンワックス
  • 毛を溶かして処理する「除毛クリーム」
  • 粘着力で一気に毛を引っこ抜く「ブラジリアンワックス」

どちらの脱毛グッズも、腕毛やスネ毛・胸毛など広い範囲には便利ですが、手の甲や指毛など狭い範囲には向いていません。

結局また生えてきますし、ぶっちゃけ剃ったほうが楽です。

腕毛やスネ毛・胸毛など、広範囲のセルフ処理におすすめの除毛クリーム・ワックスはこちら↓

家庭用光脱毛器「ケノン」は他の部位と併用するならあり

ケノンなど家庭用光脱毛器は、処理を続けることで生えてくる毛が薄くなっていき、処理が楽になっていくというメリットがあります。

ただし、本体代が高額(約7万円~)なのがネックです。

「手の甲」や「指」の毛を薄くしたいだけなら、サロンやクリニックで脱毛してもらったほうが効果的で、費用も安く済むでしょう。

手全体のレーザー脱毛は5回3万円前後でできます。
レーザー脱毛について詳しく知りたい方はこちら

逆に、「手の甲」や「指」の毛だけでなく全身に使うつもりであれば、カートリッジ台を考慮してもケノンは安いです。(レーザーで全身脱毛すると30~50万円前後は掛かります)

ケノンは「ヒゲには効果ない」という口コミもありますが、ヒゲ以外の部位はケノンで脱毛できたという声がたくさんあります。

サロンやクリニックで永久脱毛してもらう方法を比較

サロンやクリニック(医療機関)で脱毛してもらう方法は主に

  • ニードル脱毛(美容電気脱毛)
  • レーザー脱毛
  • 光脱毛

の3つあります。

ニードル レーザー
ニードル脱毛 レーザー脱毛 光脱毛
効果

永久脱毛

永久脱毛

減毛・抑毛
痛み
料金例

1本110円~

6回3万円~

8回4万円~

産毛が多い「手の甲」「指毛」はニードル脱毛(美容電気脱毛)が最適

ニードル脱毛

「手の甲」「指毛」の永久脱毛なら、レーザー脱毛よりニードル脱毛(美容電気脱毛)がオススメ。

なぜなら、レーザー脱毛は産毛・白髪に効かないという弱点があります。

黒色にだけ反応するレーザーを照射するため、色素の薄い毛には効果が薄いのです。

対してニードル脱毛は、一本ずつ毛穴に器具を挿入して熱処理するので、産毛や色素の薄い毛も関係なく脱毛できます。

ニードル レーザー
ニードル脱毛 レーザー脱毛
メリット
白髪・産毛も脱毛できる 本数が多くても料金が変わらない
デメリット
本数が多いと高額になる 白髪・産毛は脱毛できない

ニードル脱毛のオススメは「メンズTBC」

メンズTBC ダンディハウス
初回料金
150本
1,000円
30分(100本程度)
5,000円
主力商品
脱毛 ダイエット

ニードル脱毛(美容電気脱毛)は大手サロンの「メンズTBC」や「ダンディハウス」で行われています。

「ダンディハウス」はどちらかといえばダイエットに力を入れているサロンですので、ニードル脱毛なら「メンズTBC」のほうがオススメです。

良い点
  • 永久脱毛の効果が認められている「美容電気脱毛」導入サロン
  • 光脱毛コースも有り
  • 店舗数が多く、駅チカで通いやすい
  • 初回1,000円で150本脱毛できる
イマイチな点
  • 毛量によって料金が変わる

毛深い人はレーザー脱毛で毛量を減らそう

レーザー脱毛

「手の甲」や「指」にビッシリと毛が生えている人は、レーザー脱毛で毛量を減らしてから、ニードル脱毛で仕上げるのが賢い選択です

レーザー脱毛は「産毛に弱い」という欠点がありますが、太くて濃い毛にはしっかり効きます。

ニードル脱毛は本数が多いと高額になってしまうので、毛量が多い人は先にレーザー脱毛で全体的に減らしてしまった方が、費用は安く済むでしょう。

レーザー脱毛のオススメは「湘南美容クリニック」 腕全体ならメンズリゼも

全国的に展開している人気クリニック「メンズリゼ」と「湘南美容クリニック」のレーザー脱毛料金は以下の通りです。

メンズリゼ 湘南美容
メンズリゼ
料金
5回
69,800円
(腕全体セット)
6回
29,280円
男女比
男性専門 女性客が多い
レーザーマシン
3種類 基本的に1種類
追加でかかる費用
麻酔(任意) 麻酔(任意)
剃り残し
(1ヵ所500円)
予約キャンセル料
(1回3,000円)

「手の甲・指」1回あたりの費用は湘南美容クリニックのほうが安いですが

  • 腕全体セットが安い
  • 男性専門(湘南は待合室に女性のお客さんが多いです)
  • 剃り残し・予約キャンセルで余計なお金が掛からない
  • 数種類のマシンを部位によって使い分けるので効果が高い

といった点から「メンズリゼ」もオススメです。

良い点
  • ヒゲ脱毛6回30,350円をはじめ全体的にリーズナブルな料金
  • 院数が多く駅チカで通いやすい
イマイチな点
  • 男性VIO対応院は少ない
  • 女性客が多い
メンズリゼ
良い点
  • コース料金以外にかかる費用は一切なし(麻酔代除く)
  • 3種類のレーザーマシンを使い分けて効果的に脱毛
  • 全身・ボディ脱毛が全体的に安い
  • 学割で全脱毛コースが20%OFF
イマイチな点
  • 単部位のコースは無し
  • 予約は1ヶ月前から可能(その場で次回の予約は出来ない)

光脱毛はレーザー脱毛よりも回数がかかり、費用もさほど安くない

光脱毛

「手の甲」・「指」においては、サロン(光脱毛)で脱毛するメリットはありません。

脱毛効果はレーザーのほうが上ですし、費用もそれほど変わらないからです。

光脱毛 レーザー脱毛
光脱毛 レーザー脱毛
費用

8回
29,400円

6回
29,280円
脱毛効果

一時的減毛・抑毛

永久脱毛

1回あたりの料金は光脱毛のほうが安いですが、効果はレーザー脱毛の方が高いので、総合的に見ればレーザーの方が「安い・速い・確実」と言えるでしょう。

まとめ:毎週剃るのが面倒な人は永久脱毛!

  • 自己処理は結局「剃る」のが1番ラク
    →パナソニック「フェリエ」がお手軽
  • 産毛が多い「手の甲」「指」はレーザー脱毛よりニードル脱毛
    メンズTBCで1,000円150本脱毛!
  • 毛深い人はレーザーで毛量を減らそう
    →腕全体セットが安い・コース料金以外の費用が一切かからない「メンズリゼ」がおすすめ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。