【男のケツ毛 / 尻毛 / Oライン】
永久脱毛パーフェクトガイド

近年、肛門周りの脱毛をする男性が増えているのをご存知ですか?

ケツ毛が濃いと、ウォシュレットはもはや必需品。お尻を拭き過ぎるのは、痔の原因にもなります。

手が届きにくい部位なので、自己処理も大変です。自己処理から解放されるには「永久脱毛」しかありません

このページでは、そんな男性の肛門周り(ケツ毛)とお尻の「永久脱毛」について

  • どんな方法があるのか?どれがいいのか?
  • 脱毛サロン・クリニックの選び方
  • おすすめ脱毛サロン・クリニック

などを解説します。

ツルリオ編集長

ツルリオ編集長

メンズ脱毛専門家

ヒゲをゴリラクリニック、肛門周りをメンズリゼ、ヒザ上下をRINXで脱毛して快適な日々を送っています。

ケツ毛 / 尻毛 / Oライン 脱毛の基本データ

Oライン(肛門周り)

費用相場(医療/3回) 17,730円〜
費用相場(サロン/4回) 30,000円〜
照射の痛み

臀部(尻毛)

※肛門周り除く
費用相場(医療/3回) 50,600円〜
費用相場(サロン/4回) 30,000円〜
照射の痛み

永久脱毛の方法は「レーザー」と「光(IPL)」の2つ

ケツ毛を永久脱毛する方法は主に「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2つです。

医療レーザー脱毛 光(IPL)脱毛
レーザー脱毛 光脱毛
場所
髭脱毛の人気クリニック
医療機関・クリニック
ヒゲ脱毛の人気サロン
脱毛サロン・エステ
1回あたりの脱毛効果
高い 低い
照射の痛み

強い

弱い
必要回数
効果を実感:3〜4回
自己処理不要:5〜6回
効果を実感:4〜5回
自己処理不要:8〜10回
必要期間
効果を実感:約半年
自己処理不要:約1年
効果を実感:約半年
自己処理不要:約1年
コース料金例

肛門周り
3回 17,730円(税込)
6回 29,280円(税込)

お尻
3回 50,600円(税込)
6回 82,500円(税込)

肛門周り
4回 30,000円(税込)
8回 60,000円(税込)

お尻
4回 30,000円(税込)
8回 60,000円(税込)

基本的には少ない回数で効果が出る「レーザー脱毛」がおすすめですが、肛門周りはレーザー照射時の痛みが特に強い部位です。

痛みが不安な場合は、麻酔の使用(1回あたり3,000円前後)を検討する必要があります。筆者が実際に通っているメンズリゼのスタッフに尋ねたところ、肛門周りのレーザー脱毛では約半数の方が麻酔を使用されているそうです。

それでも不安な方は「光脱毛」を選択するのも良いでしょう。

  • 男性専門店が多く通いやすい
  • 照射時の痛みが小さい
  • 部位によっては料金が安い

というメリットがあります。パワーが低いため回数は掛かりますが 、トータルでかかる費用や期間については、それほど差はありません。

光脱毛は「永久脱毛」ではない?

厳密に言うと光脱毛は「永久脱毛」ではありません。

医師や看護師以外がレーザーを使って「永久脱毛」することは医師法により禁止されており、脱毛サロンのマシンでは照射できるパワーに限界がある(永久脱毛にならない範囲に限られる)からです。

「だったら、光脱毛に通ってもムダ毛は無くならないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実際には回数を重ねることで永久脱毛に近い効果が得られます

個人差はありますが、効果を実感するのに4回、自己処理がほぼ不要になるまで8〜10回程度を見込んでおきましょう。

筆者自身、様々な部位で光脱毛を試していますが、ぶっちゃけヒゲ以外は光脱毛でも十分です。ただし、ヒゲだけは非常にしぶといので、絶対に医療脱毛をオススメしています。

クリニック&脱毛サロン選び方のポイント

クリニックと脱毛サロンの違いを理解しよう

前項で解説しましたが、今一度クリニックと脱毛サロンの違い、それぞれのメリット・デメリットをおさらいしておきましょう。

髭脱毛の人気クリニック
クリニック
クリニックのメリット
  • 脱毛効果が高い
  • 少ない回数で終わる
  • 医師が常駐している
  • 麻酔が使える
クリニックのデメリット
  • 痛みが強い
  • 1回あたりの料金が高い
  • 麻酔代が別途掛かる
  • 男性専門店が少ない
ヒゲ脱毛の人気サロン
脱毛サロン
脱毛サロンのメリット
  • 痛みが小さい
  • 男性専門店が多い
  • 店舗数が多い
  • 1回あたりの料金が安い
脱毛サロンのデメリット
  • 脱毛効果が低い
  • 回数がかかる
  • 麻酔が使えない
  • 医師が常駐していないので、トラブル時にその場で対応できない

トータルで掛かる料金を比較しよう

「医療脱毛は高い!」というのは固定観念で、部位によってはクリニックの方が安かったり、脱毛サロンのほうが高いところもあります。

人気クリニック・脱毛サロンの「肛門周り」「お尻」の脱毛料金を以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

人気クリニックの料金

※麻酔を使用する場合は回数×3,000円程度を追加して検討しましょう。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック
肛門周り3回 17,730円
6回 29,280円
お尻3回 50,600円
6回 82,500円

メンズリゼ

メンズリゼ
VIOセット3回 58,800円
5回 92,800円

ゴリラクリニック

ゴリラクリニック
肛門周り5回 49,500円
お尻5回 148,500円
人気脱毛サロンの料金

RINX

メンズ脱毛RINX
肛門周り4回 30,000円
8回 60,000円
お尻4回 30,000円
8回 60,000円

メンズクリア

肛門周り通い放題 月々1,180円〜
お尻通い放題 月々1,180円〜

できれば男性専門店を選ぼう

ヒゲや胸毛ならともかく、アンダーヘアの脱毛を女性にやってもらうのはちょっと恥ずかしいですよね。

男性専門のサロン・クリニックであれば、デリケートゾーンの脱毛は基本的に、男性スタッフ・男性看護師が対応します。

しかし、男性専門じゃないところでは、女性スタッフ・女性看護師が対応する場合もあります。

なるべく男性専門の脱毛サロン・クリニックを選ぶほうが無難です。

痛みが不安でも1回だけレーザー脱毛を試してみる

お金に余裕のある方は、まずは1回だけレーザー脱毛を試してみて、耐えられなかったら光脱毛に乗り換えてみるという方法もあります。

お試し価格(Oライン/初回限定)
レーザー脱毛(湘南美容外科) 1回 6,180円
光脱毛(RINX) 1回 7,350円

1回のみの料金だと、肛門周りで大体1万円弱のクリニックが多いです。

【男のケツ毛 】おすすめ脱毛サロン・クリニック

受付から照射まで全て男性で安心の「リンクス」

メンズ脱毛RINX
脱毛方法 光脱毛(脱毛サロン)
肛門周り 4回 30,000円
8回 60,000円
お尻 4回 30,000円
8回 60,000円

RINXは男性専門の脱毛サロンです。施術から電話受付までスタッフはすべて脱毛経験済みの男性という徹底ぶりが特徴で、脱毛が初めての方でも安心して通うことが出来ます。

良い点
  • コース料金以外にかかる費用は一切なし
  • 店舗数が多く、駅チカで通いやすい
  • 受付から照射まで全て男性スタッフ
  • 顔ヒゲ最大24回、好きな部位1ヶ所50%OFFなど学割特典も豊富
イマイチな点
  • キャンペーン以外の価格は少し高め
  • ヒゲはかなり回数が掛かる

医療脱毛とは思えない低価格の「湘南美容クリニック」

湘南美容クリニック
脱毛方法 レーザー脱毛(クリニック)
肛門周り 3回 17,730円
6回 29,280円
お尻 3回 50,600円
6回 82,500円

湘南美容クリニックは、テレビCMでもお馴染みの総合美容外科です。

医療脱毛とは思えないほどの安い料金が特徴ですが、男性VIO対応の店舗はそれほど多くありません。

男性VIO対応院
(2020年7月現在)

AGA仙台院、銀座院、池袋東口院、池袋西口院、高田馬場院、秋葉原院、町田院、八王子院、メンズレーザー新宿大ガード院、メンズレーザー西新宿院、AGA新宿本院、川口院、横浜院、横浜東口院、橋本院、京都院、京都河原町院、AGA大阪院、鹿児島院、那覇院、AGA福岡院

良い点
  • ヒゲ脱毛6回30,350円をはじめ全体的にリーズナブルな料金
  • 院数が多く駅チカで通いやすい
イマイチな点
  • 男性VIO対応院は少ない
  • 女性客が多い

デリケートゾーンセット・全身脱毛がお得な「メンズリゼ」

メンズリゼ
脱毛方法 レーザー脱毛(クリニック)
デリケートゾーン脱毛セット 3回 58,800円
5回 92,800円
セレクト全身脱毛5部位 3回 129,800円
5回 184,000円

メンズリゼは「リゼウォーク」有名なリゼクリニックの男性部門。

肛門周りのみ・お尻のみのコースはありませんが、「デリケートゾーン脱毛セット」や、好きな部位を5ヶ所選べる「セレクト全身脱毛」など、お得なセットコースが豊富なのが特徴です。

良い点
  • コース料金以外にかかる費用は一切なし(麻酔代除く)
  • 3種類のレーザーマシンを使い分けて効果的に脱毛
  • 全身・ボディ脱毛が全体的に安い
  • 学割で全脱毛コースが20%OFF
イマイチな点
  • 単部位のコースは無し
  • 予約は1ヶ月前から可能(その場で次回の予約は出来ない)

【男のケツ毛】永久脱毛Q&A

Q

ケツ毛の脱毛に通う頻度はどれぐらいですか?

A

通う頻度はレーザー脱毛・光脱毛とも2ヶ月に1回程度になります。なぜならレーザー脱毛・光脱毛とも黒色に反応する光を使用するため、毛が生え揃ってから照射したほうが効果的だからです。

脱毛してから毛が生え揃うタイミングは、個人差はありますが体毛の場合は約2ヶ月と言われています。

Q

脱毛前は毛を剃っていかなきゃダメ?

A

はい。肛門周りに限らず、レーザー脱毛・光脱毛では事前に毛を剃っておきましょう

ケツ毛は剃りにくい部分ですが、剃っていかないと追加料金を取られてしまったり、施術の時間が短くなって十分に照射できない可能性があります。

ケツ毛が剃りやすい電気シェーバーは以下の記事でご紹介していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

Q

肛門周りの脱毛はどのような体勢で行う?

A

基本的に、下着を脱いでうつ伏せの状態で行います。

メンズリゼのYoutubeチャンネルで施術の様子が公開されているので、参考にしてみてください。

Q

痔でも永久脱毛出来ますか?

A

痔の種類によっては照射を断られることがあります。

例えば切れ痔のような、皮膚に何らかの異常が起きている場合は、レーザー照射によって痔が悪化してしまう可能性があるため、痔をしっかり完治させてから脱毛に通うことをおすすめします。

永久脱毛以外の処理方法

電気シェーバー

おすすめ度★★★★☆
メリット手軽にできる
デメリット剃るのが難しい
費用1,000〜1万円
所要時間30分

ツルリオが行ったアンケート調査によると、ケツ毛を処理している男性のおよそ85%が、電気シェーバーかカミソリで剃っています。

しかし、肛門周りはデリケートで剃りにくく、皮膚を傷つけてしまいやすい部位なので、注意して処理しましょう。

最近では、デリケートゾーンに特化した形の電動シェーバーも登場しているので、こちらを使用すれば簡単かつ安全にケツ毛を剃ることができます。

除毛クリーム

おすすめ度★★★☆☆
メリット剃るより簡単
デメリット肌荒れの可能性
費用3,000円前後
所要時間30分

除毛クリームとは、毛を溶かす成分が含まれた薬剤のことです。塗って拭き取るだけで簡単にムダ毛を処理できるため、剃りにくいケツ毛にピッタリと言えるでしょう。

ただし肌への刺激が強く、デリケートな肛門周りは肌荒れを起こす可能性が高いため

  • デリケートゾーンOKの商品を選ぶ
  • 粘膜部分には塗らない
  • パッチテストを必ず行う
  • 使用法・用量を守って正しく使う

ことを心がけ、肌に異常があった場合はすぐに洗い流し、使用を中断してください。

一度使ってみて問題なければ、剃るよりも簡単にツルツルになるのでオススメです。

ブラジリアンワックス

おすすめ度★★☆☆☆
メリット1ヶ月程度長持ち
デメリット痛みがある・難しい
費用3,000円前後
所要時間30分

ブラジリアンワックスはハチミツ等を原料としたワックスの粘着力で毛を抜く脱毛アイテムです。

足などの脱毛には適していますが、Oラインに使用するのは手が届きにくく、非常に難しいため、おすすめしません。

毛抜き

毛抜き
おすすめ度★☆☆☆☆
メリット1ヶ月程度長持ち
デメリット痛みがある・手間がかかる
費用ほとんど掛からない
所要時間30分

毛抜きや引き抜き式の家庭用脱毛器は、デリケートな肛門周りの皮膚を引っ張り傷つけてしまう可能性があり、おすすめしません。

入浴中などに指で引き抜く方もいるそうですが、やめておいたほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。