ヒゲ脱毛しても毛が生えてくる原因は?対策方法を紹介

ヒゲ脱毛してもまた生えてくる原因と対策
  • ヒゲの脱毛をしたのに毛が生えてくる…
  • 一度で完全脱毛できる方法はないの?

など、ヒゲ脱毛に関する悩みを抱えていませんか?

せっかくお金と時間をかけてヒゲ脱毛するならば、施術後もキレイな状態を維持したいですよね。

実際のところ、ヒゲ脱毛では様々な理由から施術後に毛が生えてきてしまうこともありますが、正しい方法と対策を取れば、ヒゲのない状態を維持することができます。

この記事では、ヒゲ脱毛後に毛が生えてくる原因と対策方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

ツルリオ編集長

ツルリオ編集長

メンズ脱毛専門家

ヒゲをゴリラクリニック、肛門周りをメンズリゼ、ヒザ上下をRINXで脱毛して快適な日々を送っています。

ヒゲ脱毛をしても毛が生えてくる原因と対策

ヒゲ脱毛をしても毛が生えてくる要因として、下記のようなものが挙げられます。

効果の低いマシンで脱毛している→医療レーザー脱毛に変更しよう

ヒゲ脱毛には主に以下の3種類があり、脱毛方法の違いによって効果が異なります。

レーザー脱毛 光脱毛 ニードル脱毛
(美容電気脱毛)
レーザー脱毛 光脱毛 ニードル脱毛
場所
医療機関 脱毛サロン 脱毛サロン
脱毛効果

永久脱毛

減毛・抑毛

永久脱毛
メリット
処理スピードが速い
脱毛効果が高い
麻酔が使用できる
料金が安い
痛みが小さい
店舗数が多い
1本ずつ処理
日焼け・色黒OK
デメリット
痛みが強い
日焼けはNG
通う回数が多くなる
日焼けはNG
料金が毛量次第
処理スピードが遅い

男性のヒゲは「最も脱毛が難しいパーツ」と呼ばれているので、脱毛効果の高い「レーザー脱毛」または「ニードル脱毛(美容電気脱毛)」がおすすめです。

特に現在「光脱毛」でヒゲを脱毛している方は、「レーザー脱毛」に変えるだけで、効果の違いを実感できるでしょう。

脱毛方法の違いについて、詳しくは以下の記事で解説しています。

「自分の脱毛方法、間違ってるかも…」と思う方は読んでみて下さい。

ヒゲ脱毛の仕組みを解説!レーザー・光・ニードルどれがベスト?

また同じ医療レーザー脱毛でも、効果の出やすいマシン・出にくいマシンがありますので、より詳しく知りたい方は以下の記事も合わせてどうぞ。

髭脱毛に最適なレーザーの種類は?各機種の特徴と違いについて解説

途中で脱毛をやめてしまった→ツルツルには最低でも10〜15回必要

5回で減るのは半分程度が平均。追加契約する人も多い。
10回で8~9割のヒゲがなくなる。

ヒゲ脱毛では数回にわたるレーザーの照射によって、継続的な脱毛効果を得られます。

個人差はありますが、ほとんど無毛に近い状態にするには、効果の高い医療レーザー脱毛でも10〜15回程度の照射が必要です。

つまり言い換えれば、途中で通院をやめた場合、再び毛が生えてくるリスクがあるということです。

  • ヒゲの量が少なくなったから
  • 痛いのが嫌だから…

といって自己判断で通院をやめてしまうと、中途半端な脱毛効果しか得られなくなってしまいます。

ヒゲ脱毛に必要な回数について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にして下さい。

何回で何%ぐらい無くなるの?ヒゲ脱毛の回数について徹底解説!

施術時に照射漏れがあった→照射漏れ保証のある医療機関を

照射漏れ

ヒゲ脱毛では、500円玉サイズぐらいの照射ヘッドを使用して照射するため、レーザーを照射できてない部分(照射漏れ)がでてきてしまうこともあります。

施術者の腕によるところなので、どうしようもない部分もありますが、回数無制限や、照射漏れ保証(再照射無料)のある脱毛サロン・クリニックを選ぶことで、リスクを回避できます。

回数無制限の脱毛サロン・クリニックは以下の記事で紹介していますので、参考にしてみて下さい。

完全になくすならココ!回数無制限のヒゲ脱毛サロン・クリニック5選

男性ホルモンの乱れ→生えてきたらまた脱毛すれば良い

男性ホルモンの推移

一度脱毛が完了しても、男性ホルモンの乱れによって再び毛が生えてきてしまうこともあります。

例えば、10代できれいにヒゲ脱毛をしたとしても、男性ホルモンが活発になる20~30代で新たな毛が出現するということです。

昔ヒゲ脱毛をしたのに毛が生えてきた…と悩んでいる方は、男性ホルモンが濃くなったことが原因だと考えられます。

男性ホルモンが原因でヒゲがまた生えてきた場合は、素直にもう一度脱毛するしかありませんが、一度脱毛を完了しているのであれば生えてくる量は少ないハズです。

根気よく、ヒゲがなくなるまで脱毛を続けましょう。

まとめ:効果の高い脱毛を最後まで続けることが大切

ヒゲ脱毛をしても毛が生えてくる原因には、様々な理由があります。

男性ホルモンの乱れによる毛の発生などは避けることができませんが、正しい方法で、最後まで脱毛をやりきることで毛の再生率を抑えることができます。

また、施術者の腕や使用する脱毛機器などによってもヒゲの再生率が異なるため、医療機関・脱毛サロン選びも重要です。

ヒゲ脱毛後も継続的にキレイな状態を維持できるよう、自分にあった脱毛機関・脱毛方法をみつけてみてください。

ヒゲ脱毛のランキング

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。