メンズリゼで取り扱う3種類の脱毛マシンを分かりやすく解説します

男性専門の医療脱毛クリニック「メンズリゼ」は最新の脱毛機を導入しており、安全に効果の高い医療脱毛を行うことができます。

サポート面も充実しているため、脱毛初心者の方でも通いやすいクリニックです。

この記事では「メンズリゼで取り扱っている最新の脱毛機」について解説していきます。

ツルリオ編集長

ツルリオ編集長

メンズ脱毛専門家

ヒゲをゴリラクリニック、肛門周りをメンズリゼ、ヒザ上下をRINXで脱毛して快適な日々を送っています。

メンズリゼで取り扱う機械は3種類

現在メンズリゼで取り扱っているレーザー脱毛機は

  • メディオスター
  • ライトシェア・デュエット
  • ジェントルヤグ

の3種類です。

メディオスター ライトシェアデュエット ジェントルヤグ
レーザーの種類
蓄熱式ダイオードレーザー 熱破壊式ダイオードレーザー 熱破壊式YAGレーザー
使用部位*
全身 全身 ヒゲ・VIO
痛み
特徴
・最新の脱毛理論
・肌への負担が少ない
・痛みが少ない
・独自の吸引システムで痛みを軽減
・冷却ジェルが不要
・うぶ毛から濃い毛まで幅広い毛に対応
・濃く根深い毛に適している
・ガス冷却システムで痛みを軽減
・冷却ジェルが不要

※こちらは基本的な使用部位であり、実際には医師の判断や予約状況、院によって使用する脱毛マシンは異なることがあります。詳しくは通院予定のクリニックに直接お問い合わせ下さい。

蓄熱式ダイオードレーザー(メディオスター)の特徴

メンズリゼでは基本的に、ヒゲ・VIOを除く全身に「メディオスター」を使用します。

蓄熱式ダイオードレーザーであるメディオスターには次のような特徴があります。

最新の脱毛理論で痛みの少ない脱毛が可能に

「蓄熱式ダイオードレーザー」はバルジ領域と呼ばれる細胞に蓄熱させ、「毛の再生を防ぐ」という新しい脱毛法になります。

バルジ領域について

毛根よりも浅いところをターゲットにしているため、毛乳頭細胞を破壊する従来の熱破壊式と比べて、痛みの少ない施術が可能です。

日焼け肌・地黒でも脱毛できる

レーザー脱毛は黒色メラニンに反応するレーザーを使用するため、日焼け肌や地黒の人は脱毛できないのがこれまでの常識でした。

しかし、メディオスターは比較的弱い出力のレーザーをじっくりと照射する蓄熱方式のため、熱破壊式と比べるとヤケドのリスクが低く、日焼け肌や地黒の人でも脱毛可能です。

こちらはメディオスターを販売しているAsclepion社の説明動画ですが、かなり肌の黒い人でも脱毛できることが分かります。

照射口が大きいので短時間での施術が可能

メディオスター

メディオスターは、冷却ジェルを使用し皮膚の上を滑らせるように照射をすることで、よりスピーディーな施術を実現しています。

また、大きな照射口を持つ機種なので、広範囲の手足や胸・背中なども短時間で施術可能です。

実際の施術の様子は、以下の動画をご覧ください。

脱毛の施術は時間がかかるイメージですが、メディオスターなら忙しい男性でも効率よく脱毛することができます。

熱破壊式ダイオードレーザー(ライトシェア)の特徴

先程ご紹介したメディオスターには、実は「脱毛効果を実感しにくい」というデメリットがあります。

そのため、メディオスターで効果が実感できない・効きにくい人は熱破壊式ダイオードレーザー脱毛機「ライトシェア・デュエット(以下ライトシェア)」を使用します。(ヒゲ・VIOは後述するYAGレーザーを使用)

脱毛用レーザーとして一般的な熱破壊式ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、レーザー治療の中では特に受けられている施術の一つで、脱毛機にも「ライトシェア・デュエット」「ベクタス」「HAYABUSA」「ソプラノ」「メディオスター」などたくさんの種類があります。

ライトシェア・デュエットは熱破壊式なので、照射時に「ゴムで弾かれたような痛み」を感じますが、痛みが我慢できないようであれば出力を下げてもらうか、麻酔を検討してみましょう。

独自の吸引・冷却システムで痛みが軽減されておりジェルも不要

ライトシェアは独自の吸引・冷却システムによって効率的に脱毛することが可能です。

皮膚を吸引することで照射ヘッドと肌が密着するため、レーザーの熱エネルギーが無駄なく毛根に伝わります。

必要最低限の出力で効率的に脱毛できるため、肌への負担や痛みも少ないです。

ジェルも不要なので、不快感なくスピーディーに施術を受けることができますよ。

しぶといヒゲ・VIOには深く刺さるYAGレーザー(ジェントルヤグ)

熱破壊式YAGレーザー脱毛機「ジェントルヤグ」はYAGレーザーの代表的な脱毛機として知られています。

波長の長い(深く刺さる)レーザーを出すことができるのが特徴で、ヒゲやVIOなどの濃い毛に効果的です。

メンズリゼでは、ヒゲ・VIOは基本的にこのジェントルヤグを使用します。

深く刺さるYAGレーザー

普通の毛根と根深い毛根、レーザーマシンの違い

YAGレーザーは脱毛に使用されるレーザーの中では最も波長が長いレーザーです。

波長が長いと、より濃い黒にしか反応しなくなるため、肌の奥深くまでレーザーが届きやすくなり、濃く根深い毛にも高い脱毛効果を発揮します。

肌色に反応しにくくなるため、ある程度であれば色黒の肌や日焼け肌、色素沈着をしている部位でも脱毛可能です。

小ジワや赤ら顔を治療するのにも用いられる脱毛機で、美容の目的で使用されることの多いレーザーでもあります。

冷却システム搭載でジェルが不要、ただし痛みはそれなり…

ジェントルヤグは照射と同時に冷却ガスが噴出される「ガス冷却システム」が搭載されているので、施術時にジェルを塗る必要がありません。

ただし軽減されているとはいえ、ヒゲやVIO(デリケートゾーン)の脱毛では輪ゴムで強く弾かれるような痛みを感じます。

メンズリゼには笑気麻酔と麻酔クリームが用意されているので、別途3,000円ほどかかりますが、痛みが不安な方は使用してみるのも良いでしょう。

メンズリゼが3種類の脱毛機を用意する理由

メンズリゼが3種類の脱毛機を導入している理由は大きく2つあります。

  • 一人一人の肌質・毛質に合わせて脱毛するため
  • より安全で効果の高い脱毛を提供するため

一人一人の肌質・毛質に合わせて脱毛するため

エステ脱毛に比べて効果が高い医療脱毛ですが、毛の濃さや肌質には個人差があります。

同じ部位でも、人によっては濃かったり薄かったりするのです。肌が強い人もいれば、デリケートな人もいますよね。

毛質・肌質に合わせることで、一人一人に合った最適な脱毛ができるのです。

メンズリゼでは同じ部位を同じ脱毛機で脱毛するのではなく、一人一人の毛質や肌質に合った脱毛機を見極めることで、さらに高い効果を出すことを目指しています。

より安全で効果の高い脱毛を提供するため

特徴の異なる3種類の脱毛機を導入しているため、より安全な脱毛が可能です。

どの脱毛機も効果は高いですが、出力が高い医療脱毛なので、もともとの脱毛リスクはエステ脱毛よりは高まります。

そのため、効果を追求するばかりでは脱毛リスクが高まってしまうのです。

メンズリゼは「脱毛リスク」に関しても公式ホームページにしっかり記載している良心的なクリニックなので、1度目を通しておくといいでしょう。

  • ヤケド
  • 赤み
  • ヒリヒリ感
  • むくみ
  • 打ち漏れ
  • 毛嚢炎
  • 硬毛化・増毛化

これらのリスクを防ぐためにも、メンズリゼでは3種類の脱毛機を導入しているのです。

まとめ:医師が一人一人に適切な脱毛機を見極めてくれる

メンズリゼ

メンズリゼには、ジェントルヤグのように濃い毛を得意とするものや、メディオスターのように肌ダメージや痛みが少ないものなど、特徴の異なる3種類が揃っていますが、脱毛機を指定することははできません。

適切な施術を行うため、医師が一人一人の診察を行った上で責任をもって脱毛機を選択してくれるのです。

自分で毛質や肌質を見極めることは難しく、自己判断は肌トラブルの原因になりかねません。誤った判断はリスクの好発につながってしまいますし、医師が適切な脱毛機を見極めてくれたほうが安心ですよね。

医師が一人一人に適切な脱毛機を見極めてくれることで、より安全で効果的な医療脱毛が可能です。

良い点
  • コース料金以外にかかる費用は一切なし(麻酔代除く)
  • 3種類のレーザーマシンを使い分けて効果的に脱毛
  • 全身・ボディ脱毛が全体的に安い
  • 学割で全脱毛コースが20%OFF
イマイチな点
  • 単部位のコースは無し
  • 予約は1ヶ月前から可能(その場で次回の予約は出来ない)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。