ヒゲ脱毛で使用される3種類の麻酔を解説!【痛みを軽減】

口回りは感覚が特に過敏なこと、また男性のヒゲは太くて濃いことから、ヒゲ脱毛は全脱毛部位の中でも最も痛い場所の一つと言われています。

しかし麻酔を使用すれば、ヒゲ脱毛時の痛みを和らげることができます。

今回はヒゲ脱毛で使用される

  • 笑気ガス麻酔
  • 麻酔クリーム
  • 局所麻酔注射

これら3種類の麻酔について、それぞれのメリットとデメリット、副作用、使用料金、実際にヒゲ脱毛のクリニックで使われている割合などについて解説します。

ツルリオ編集長

ツルリオ編集長

メンズ脱毛専門家

ヒゲをゴリラクリニック、肛門周りをメンズリゼ、ヒザ上下をRINXで脱毛して快適な日々を送っています。

まずはヒゲ脱毛で使用される3つの麻酔を比較

最初に現在のヒゲ脱毛で使用されている3つの麻酔の特徴について、以下の比較図を見てみましょう。

笑気ガス麻酔 麻酔クリーム 局所麻酔注射
使用割合
6割以上 ほとんど使わない ほとんど使わない
麻酔料金
1回3,000円程度 1回3,000円程度 1回1万円程度
麻酔効果
お酒に酔ったような感覚になる 歯医者で使用される表面麻酔に近い 歯医者で使用される麻酔注射に近い
メリット
副作用が少ない
すぐに効果が出る
副作用が少ない 最も痛み軽減効果が高い
デメリット
痛み軽減効果は低い 照射30分前に塗る必要がある 料金が高い
扱っていないクリニックが多い

最も多く使用されるのは「笑気ガス麻酔」

笑気ガスは鼻から吸引するタイプの麻酔で、ヒゲ脱毛では最も多く使用されている麻酔です。

実際にヒゲ脱毛をする6割以上の男性が、笑気麻酔を使用しています。

笑気ガス麻酔の特徴とメリット

笑気ガス麻酔は亜酸化窒素を吸入することで、体がお酒に酔ったときのような感覚になるのが特徴です。

お酒を飲んで酔っ払うと全身がフワフワとした感覚になり、リラックスした気分になりますよね?

また痛みを感じにくくなるため、気が付かずにケガをしていることも少なくありません。

笑気ガス麻酔を使用することで緊張がリラックスする効果と、ヒゲ脱毛の痛みを直接軽減させる効果が期待できます。

クリニックによって費用は異なりますが、1回3,000円ほどが相場です。

吸入を開始して間もなく麻酔の効果が表れるため、気軽に取り入れられるのは大きなメリットですね。

「麻酔なしで脱毛始めたけど、やっぱり痛みに耐えられない」といった場合には、ゴリラクリニックなど施術の途中でも麻酔をしてくれるクリニックがあるので安心です。

笑気ガス麻酔のデメリット・副作用

後述する麻酔クリームや局所注射麻酔と比べると、気軽に取り入れられる反面、麻酔の効果は低めです。

また麻酔が効いている間はフラフラするため、脱毛終了後30分ほどは車の運転を控えてください。

副作用は少ないですが、笑気ガス麻酔を使用すると稀に吐き気をもよおすことがあります。

また鼻炎や花粉症などで鼻呼吸が困難な人、喘息を持っている人は使用できない可能性があるので、カウンセリング時に相談をしてみましょう。

笑気ガスだけで耐えられない場合は「麻酔クリーム」を併用することも

麻酔クリームを取り入れているクリニックもあります。

笑気ガスに比べると使用頻度は低めですが、麻酔自体の効果は高いです。

そのため笑気ガスだけで痛みに耐えられない場合は、麻酔クリームを併用することもできます。

麻酔クリームの特徴とメリット

麻酔クリームの成分はリドカインやキシロカインなどの、麻酔薬です。

ヒゲ脱毛をする部位に直接クリームを塗ると皮膚感覚を麻痺させ、脱毛時の痛みを軽減させてくれます。

歯科治療で歯茎に麻酔を塗布すると、痛みだけでなく触覚自体がなくなりますよね。あれと同じような感覚です。

笑気麻酔よりも高い麻酔効果を得られるのは、大きなメリットですね。

費用はやはりクリニックによって異なりますが、1回3,000円ほどとなっています。

麻酔クリームのデメリット・副作用

麻酔クリームは塗布してから実際に麻酔の効果が表れるまでに、30分ほど必要です。

そのため脱毛の痛みに耐えられずに、施術途中で麻酔クリーム使用を申し出ることは難しいでしょう。

多くのクリニックでは施術前の申し込みを必要としています。

また麻酔薬に対してアレルギーを持つ人も使用不可です。リドカインやキシロカインに、肌がアレルギー反応を起こす可能性があります。

詳細はカウンセリング時に相談をしてみましょう。

最終手段は「局所麻酔注射」

最も麻酔効果が高く、ヒゲ脱毛の痛みを軽減させる最終手段が局所麻酔注射です。

局所注射麻酔の特徴とメリット

局所注射麻酔はプロカインやリドカインなどの麻酔薬が入った注射を、麻酔をかけたい部分の血管に打つ方法です。

歯医者で抜歯をする際に行う麻酔注射と同じで、麻酔効果は高く、ヒゲ脱毛の痛みはほとんど感じません。

料金はやや高めで、1回1万円ほどが相場となっています。

局所麻酔注射のデメリット・副作用

局所麻酔注射は最も効果が高い分、他の麻酔方法と比べて料金の高さも目立ちます。

またヒゲ脱毛で取り入れているクリニック自体が少ないので、そもそも利用する機会がないのが現状です。

麻酔は1~3時間ほど続くため、ヒゲ脱毛終了後も口回りのしびれが残ります。

笑気麻酔・麻酔クリームが使えるヒゲ脱毛おすすめクリニック

痛みを軽減させてヒゲ脱毛をするなら、笑気麻酔や麻酔クリームを取り入れているクリニックで施術をしましょう。

おすすめのクリニックを紹介します。

痛みが小さい蓄熱式脱毛マシンを全院に配置「ゴリラクリニック」

ゴリラクリニック

ゴリラクリニックは男性専門の総合美容クリニックです。医療レーザーによるヒゲ脱毛も行っています。

ゴリラクリニックの特徴は、6回コース終了後に3年間のアフターフォロー(1回100円で追加照射)が付く点ともう一つ、痛みの少ない「メディオスター」と呼ばれる蓄熱式レーザーマシンが選択できる点です。

メディオスターの痛みは従来の単発式レーザーマシンと比べて1/2〜1/4とも言われており、いままで痛みがネックでヒゲ脱毛を諦めていた方にも好評ですよ。

笑気ガス麻酔は1回30分で3,000円(税別)、麻酔クリームは10gで3,000円(税別)です。余った麻酔クリームは次回に持ち越せます。

おすすめプラン
医療レーザー脱毛
ヒゲ脱毛完了コース
(3部位)
68,800円
(6回+アフターフォロー)

良い点
  • 3年間のアフターフォローで満足行くまで脱毛できる「ヒゲ脱毛完了コース」
  • 予約時にレーザーマシンを選べる
  • コース料金以外の追加料金は一切なし(麻酔代除く)
イマイチな点
  • ヒゲ以外のコースは少し高め

とにかく安くヒゲ脱毛を始めるなら「湘南美容クリニック」

湘南美容クリニックは日本全国に78の院を展開する、総合美容クリニックです。

2018年度は合計で223,376件もの男性ヒゲ脱毛の実績があるなど、ヒゲ脱毛で高い人気を誇っています。

人気の秘密は非常にリーズナブルな料金設定で、ヒゲ脱毛3部位が6回30,350円でスタートできます。

笑気ガス麻酔は1回2,200円(税込み)です。

おすすめプラン
医療レーザー脱毛
ヒゲ3部位 30,350円(6回)
ほほ・もみあげ 29,280円(6回)

良い点
  • ヒゲ脱毛6回30,350円をはじめ全体的にリーズナブルな料金
  • 院数が多く駅チカで通いやすい
イマイチな点
  • 男性VIO対応院は少ない
  • 女性客が多い

まとめ:痛みが不安な場合はまず笑気麻酔から試してみよう

以上、ヒゲ脱毛に使用される3つの麻酔についての解説でした。

最も多くのクリニックで取り入れられているのが笑気麻酔で、ヒゲ脱毛ではほとんどの方が使用します。

麻酔効果は3つの中で最も低いですが、気軽に行うことができますよ。

痛みが不安な場合は、まずは笑気麻酔から試してみましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。